奈良で実績NO.1の住宅購入相談専門ファイナンシャルプランナー事務所 / FPオフィス家計のいろは

―保有資格―

ファイナンシャルプランナー(日本FP協会)
住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)
トータルライフコンサルタント(生命保険協会)
証券外務員(日本証券協会)

続きはコチラ



< メディア >



奈良市、生駒市、橿原市発行の婚姻者向け案内冊子(婚姻届)に掲載いただいております

プロフィール詳細はこちら



間違いです!その土地探し

理想の家は3度立てないと成功しない?!

1度で理想の家が建たない原因に”土地探しの間違い”があります。

 

1回でマイホーム購入を成功させるために

 

理想の家づくりを考えたときに

「土地を持っていないから、まずは土地探し。」

と、考えます。

 

当たり前のようなその考えが実は、間違いなんです

 

土地を探し、気に入った物件を購入できても

結果、満足=成功できないことが多いのです。

 

その理由は、

 

最終的に予算が合わなくなる可能性がある

 

多くの方が、住宅チラシなどの広告や住宅展示場でもらった

パンフレットに書かれている住宅の価格をもとに

だいたいの建物予算を立て、土地の予算を割り出します。

そして、その予算内で購入することになります。

 

いざ、建物を建ててもらおうとハウスメーカーや工務店に

見積もりを取ると予想外の高い見積もりが出て困ってしまいます。

何故?

きっかけになったチラシや広告の目的は、なんでしょうか?

 

集客です。

 

掲載されている価格では理想の家が建たないことが多いからのです。

 

また、建築法の関係で理想の建物が建築できない可能性もあります

 

せっかく注文住宅で理想の間取りやデザインを考えていても

前面の道路の種類や道路斜線などの問題で実現できない場合もあります。

 

そもそも不動産会社(営業マン)は、土地を売ってなんぼです。

極端な表現ですが、土地買ってもらったら、

買い主(お客さま)がその後どうなろうが関係ないのです。

 

売り手(セールスマン)の立場になると分かりますが、

「うちの物件より、A社(他社)のほうがいいですよ」、

「予算オーバーしますから、出直してください」、

なんてことは、言ってくれません。

 

このように土地を先にに購入してしまうと満足=成功しないことが多いのです。

最悪の場合、理想の家を求めているのに、予算や法規の問題で

数十年という人生の大半の期間を妥協し続けた住まいで過ごすことになります。

 

家を買う目的は、気に入った土地に住むことだけなのか?

 

家を買って、これから長い時間を家という「空間」で過ごします。

土地だけではなく、その空間のことも考えないと不満や後悔となります。

 

つまり、

”今”だけではなく”数年後、数十年後”のことを考える必要があります。

人生で1番高い買い物、人生で1番長く過ごす空間を考えるのに

 

間違いのない適切な順番があります

 

第一歩は、「あなたにとっての適正なマイホーム予算を知ること」です。

年収や家族構成が同じでもライフスタイル(人生で優先すること)の違いで

マイホーム予算は変わります。

 

”売り手”である不動産会社や建築会社が行う「集客の罠」にハマらず、

1回で理想の家を創ってほしいと願います。

 

24 24 電話セミナー申込