奈良で実績NO.1の住宅購入相談専門ファイナンシャルプランナー事務所 / FPオフィス家計のいろは

―保有資格―

ファイナンシャルプランナー(日本FP協会)
住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)
トータルライフコンサルタント(生命保険協会)
証券外務員(日本証券協会)

続きはコチラ



< メディア >



奈良市、生駒市、橿原市発行の婚姻者向け案内冊子(婚姻届)に掲載いただいております

プロフィール詳細はこちら



世帯年収600万円で3,000万円の住宅ローンを組んだらどうなる?!

 

一般的に住宅ローンの借入額は

年収の5倍以内にすべきだと言われています。

 

そこで、世帯年収が600万円なら

諸費用は現金で支払うとして、

建物価格2,000万円、

土地の価格1,000万円で購入し、

住宅ローンを3,000万円まで

借りて大丈夫なんでしょうか?

 

検証します!

 

検証シミュレーションでは、

駒田さん(仮名)の場合で考えてみたいと思います。

 

【登場人物のプロフィール】

主人公:駒田 よしこさん(31歳)

夫:こうたさん(33歳)

長男:あきたろうくん(4歳)

長女:よねちゃん(1歳)

 

駒田さん家の収入や貯蓄状況は、次のとおりです。

よしこさん:保育士(税込年収250万円)

こうたさん:製造業勤務(税込年収350万円)

貯金:300万円

 

夫婦共働きで合わせて税込世帯年収600万円ということです。

 
年収600万円だと、手取りはいくら?

 

税込み年収と聞いても

ピンとこない人が多いはず。

 

毎月給料日に振り込まれる金額が

いわゆる”手取り“です。

 

税込み年収を目にするのは、

年末か年始に会社からもらう

”源泉徴収票”くらいでしょうか。

 

その税込年収には

所得税、

住民税、

健康保険料、

厚生年金、

が含まれており、

勤務先の会社が支払の手続きをしてくれています。

 

さて手取りの金額を概算で計算すると、

次のようになります。

 

よしこさんの手取り年収:210万円

こうたさんの手取り年収:290万円

 

つまり、実際に使えるお金は

合計500万円になるということですね。

 

住宅ローンを3,000万円借りると返済額はいくら?

 

変動金利(ソニー銀行の金利0.539%)で

3,000万円借りた場合の返済額は

 

78,393円

になります。

 

返済負担率は18.81%となり、

当面の住宅ローン返済は

大きな負担額にはならないようですね。

 

住宅ローン3,000万円を固定金利(フラット35)で借りると返済額はいくら?

フラット35(全期間固定金利1.55%)で

3,000万円借りた場合の返済額は、

 

92,591円

になります。

 

変異負担額は22.22%になり、

変動金利よりやや負担は大きいですが、

大きな負担額にはならないようですね。

 

年収600万円の人が住宅ローン3,000万円借りるとこんな生活になる

 

 

それでは、一番気になるところの

世帯年収600万円で住宅ローンを3,000万円

借りて後々やっていけるのかどうか?

というシミュレーションをしたいと思います。

 

【シミュレーション条件】

 

住宅ローンは全期間固定金利(金利1.55%)で計算。

 

収入は二人共年1%上昇。退職金はこうたさん1,000万円、

よしこさん500万円。

 

ご夫婦ともに定年は60歳。

 

生活費は月18万円、末子よねちゃんが就職まで年1.5%、

その後生活費が70%に減り、年1%上昇。

 

子どもは小学生まで保育園、保育料は月額3万とする。

 

小・中・高は公立。

 

大学は私立の大学に自宅外から通う。

 

生命保険は夫婦で月25,000円、

自動車保険は月10,000円。

 

車は300万の車と150万の車を10年毎に買い換える。

 

家族旅行は毎年10万円の予算

 

以上。

 

↓シミュレーション結果↓~20

 

改21~

 

キャッシュフロー表のポイントは

マイホーム購入後の『流動資産(貯蓄残高)』です。

途中までは少しずつお金は貯められますが、

子どもが大学進学する頃から大赤字になっていきます。

※クリックすると拡大します。

 

貯蓄残高をグラフでみるとこちら↓

 

CF上

 

15年目で家計が破綻してしまします・・・

 

変動金利でのシミュレーションはしていませんが、

このグラフを見る限り大赤字になることは、

間違いないでしょう。

 

年収600万円で3,000万円の住宅ローンは厳しい

 

 

本シミュレーションの場合、

世帯年収600万円で3,000万円の

住宅ローンを払いながら、

ゆとりのある生活をするのは

難しいという結果が出ました。

 

家の価格・土地の価格を下げて(妥協して)

住宅ローンの借入額を減らさないのであれば、

生活費を削るのか、

 

子どもに奨学金を借りさせるのか

アルバイトをさせるのか、

何かしらの我慢が必要になってきます。

 

もちろん、

その我慢ができるものならいいと思います。

しかし生活費の節約はやり続けないといけません。

 

このようにマイホーム以外の

夢や目標、ライフスタイルに必要なお金を

を削ってでも家を買うかどうかです。

 

それでも3,000万円の家が欲しい!

 

でも・・・

妥協はしたくない。

というあなたのために

 

上のシミュレーション結果でも

なんの対策もせず、

「大丈夫、大丈夫。なんとかなる!」

これはマイホーム購入失敗の代表例です。

 

3,000万円の家を買っても

思い描くライフスタイルで

人生の夢や目標を叶えながら

家族仲良くやっていける

アイデアがあります。

 

先ずは、

あなたの家計に合った

『マイホーム予算』を確認することから

はじめましょう!

 

 

24 24 電話セミナー申込