マイホームの不安を解決します!第三者の立場のファイナンシャルプランナー/FPオフィス家計のいろは

―保有資格―

ファイナンシャルプランナー2級(日本FP協会)
住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)
トータルライフコンサルタント(生命保険協会)
証券外務員2種(日本証券協会)

続きはコチラ

c671508cf42c08ec3ef51359ec26afb0_s

間違いです!その土地探し

理想の家は3度立てないと成功しない?!

1度で理想の家が建たない原因に”土地探しの間違い”があります。

 

1回でマイホーム購入を成功させるために

 

理想の家づくりを考えたときに

「土地を持っていないから、まずは土地探し。」

と、考えます。

 

当たり前のようなその考えが実は、間違いなんです

 

土地を探し、気に入った物件を購入できても

結果、満足=成功できないことが多いのです。

 

その理由は、

 

最終的に予算が合わなくなる可能性がある

 

多くの方が、住宅チラシなどの広告や住宅展示場でもらった

パンフレットに書かれている住宅の価格をもとに

だいたいの建物予算を立て、土地の予算を割り出します。

そして、その予算内で購入することになります。

 

いざ、建物を建ててもらおうとハウスメーカーや工務店に

見積もりを取ると予想外の高い見積もりが出て困ってしまいます。

何故?

きっかけになったチラシや広告の目的は、なんでしょうか?

 

集客です。

 

掲載されている価格では理想の家が建たないことが多いからのです。

 

また、建築法の関係で理想の建物が建築できない可能性もあります

 

せっかく注文住宅で理想の間取りやデザインを考えていても

前面の道路の種類や道路斜線などの問題で実現できない場合もあります。

 

そもそも不動産会社(営業マン)は、土地を売ってなんぼです。

極端な表現ですが、土地買ってもらったら、

買い主(お客さま)がその後どうなろうが関係ないのです。

 

売り手(セールスマン)の立場になると分かりますが、

「うちの物件より、A社(他社)のほうがいいですよ」、

「予算オーバーしますから、出直してください」、

なんてことは、言ってくれません。

 

このように土地を先にに購入してしまうと満足=成功しないことが多いのです。

最悪の場合、理想の家を求めているのに、予算や法規の問題で

数十年という人生の大半の期間を妥協し続けた住まいで過ごすことになります。

 

家を買う目的は、気に入った土地に住むことだけなのか?

 

家を買って、これから長い時間を家という「空間」で過ごします。

土地だけではなく、その空間のことも考えないと不満や後悔となります。

 

つまり、

”今”だけではなく”数年後、数十年後”のことを考える必要があります。

人生で1番高い買い物、人生で1番長く過ごす空間を考えるのに

 

間違いのない適切な順番があります

 

第一歩は、「あなたにとっての適正なマイホーム予算を知ること」です。

年収や家族構成が同じでもライフスタイル(人生で優先すること)の違いで

マイホーム予算は変わります。

 

”売り手”である不動産会社や建築会社が行う「集客の罠」にハマらず、

1回で理想の家を創ってほしいと願います。

 

 

予算診断クリック

 

 

お申込み

 

 

 

 

→続きを読む
9e6eab8ad83eeabe8c62b77bdd879652_s

マイホームと自動車

「車がないと不便な方がマイホーム購入前に知っておきたいこと」

バカにならない車の維持費がマイホーム予算を圧迫します。

 

 

マイホーム購入の予算診断の際に

生涯にかかる、自動車の買い替えコストを計算します。

 

それは、マイホーム予算と

物件選びに大きな影響があるからです。

 

奈良、もしくは奈良近郊で

マイホーム購入を検討しているあなたにとって

自動車は生活必需品では?と

考えている方も多いのではないでしょうか。

では一体、生涯で自動車にいくらかかるんでしょうか?

 

改めて計算してみたいと思います。

 

私自身、元自動車メカニックということもあり、

生活必需品ということ以上に自動車は”必要派”です。

そんな個人的な感情もあり、楽観的に考えていました。

しかし、計算をしてみて”ゾっと”することに・・・

 

普通車 2,800万円

 

なんとなく高額になることは予想していましたが、

想像超えました。

 

以下、普通車 2,800万円の内訳です。

 

2,800万円=70万円(年間コスト)×40年(利用年数)

 

年間コストの約70万円(692,438円)を

30歳から70歳までの40年間、普通自動車を利用した場合。

また、年間コストとは、以下の①購入費用と②維持費用の合計です。

 

①購入費用 年間当たりの負担額 約32万円(319,862円)

〇自動車購入価格 2,376,687円(消費税込/カローラアクシオハイブリッド)

〇税金・諸費用  362,350円(リサイクル費用など込み)

※7年で乗り換え、下取り価格50万円として計算。

(自動車購入価格2,376,687円+諸費用362,350-下取り価格50万円)÷7年

 

②維持費用 年間当たり約38万円(372,576円)

※1年間当りの走行距離 5,000kmとして計算

〇ガソリン代    21,296円=5,000km÷27km/ℓ×燃費単価@115円/ℓ

※年数の経過による燃費消費率の低下を考慮、JC08モード燃費33.8kmの70%

〇月極駐車場代   120,000円=10,000円/月×12ヶ月

〇任意保険料    47,280円

〇自賠責保険料   12,000円=35,340円/3年

〇自動車税     9,000円

〇車検整備代    60,000円=120,000円/2年

〇タイヤ代     30,000円=120,000円/4本分÷4年

〇オイル交換    3,000円

〇外出先駐車場代  24,000円= 500円/1回×月4回×12ヶ月

〇有料道路通行料     24,000円=2,000円/月×12ヶ月

〇洗車代      12,000円=1,000円/月×12ヶ月

〇JAF年会費     4,000円

〇その他修理・整備代30,000円

以上

 

維持費が比較的”安い”と言われる軽自動車はいかがでしょうか?

 

軽自動車 2,280万円!

 

以下、軽自動車 2,280万円の内訳です。

2,280万円=57万円×40年

年間コストの約57万円(563,394円)を

30歳から70歳までの40年間、軽自動車を利用した場合。

また、年間コストとは、普通車と同じく①購入費用と②維持費用の合計です。

 

①購入費用 年間当たりの負担額 約21万円(207,844円)

〇自動車購入価格 1,420,200円(消費税込/タントX”SAⅡ”)

〇税金・諸費用  134,710円(リサイクル費用など込み)

※7年で乗り換え、下取り価格10万円として計算。

(自動車購入価格1,420,200円+諸費用134,710円-下取り価格10万円)÷7年

 

②維持費用 年間当たり約36万円(355,550円)

※1年間当りの走行距離 5,000kmとして計算

〇ガソリン代    28,750円=5,000km÷20km/ℓ×燃費単価@115円/ℓ

※年数の経過による燃費消費率の低下を考慮、JC08モード燃費28kmの70%

〇月極駐車場代   120,000円=10,000円/月×12ヶ月

〇任意保険料    32,000円

〇自賠責保険料   12,000円=35,340円/3年

〇自動車税     10,800円

〇車検整備代    50,000円=100,000円/2年

〇タイヤ代     6,000円=6,000円/4本分÷4年

〇オイル交換    2,000円

〇外出先駐車場代  24,000円= 500円/1回×月4回×12ヶ月

〇有料道路通行料     24,000円=2,000円/月×12ヶ月

〇洗車代      12,000円=1,000円/月×12ヶ月

〇JAF年会費     4,000円

〇その他修理・整備代30,000円

以上

 

 

普通車 2,800万円…

 

軽自動車 2,280万円…

 

 

いかがでしょうか?

 

今回の試算では、ハイブリッド車など

燃費や税金の負担が軽い最新車両で行いましたが、

実際にはこのようには行かないかもしれません。

 

また、ケースによっては普通車と軽自動車を

2台所有する場合もありますね。

 

あなたの場合、自動車にいくらかかるでしょうか?

 

そして本当に自動車が必要でしょうか?

もしくは、

自動車が不要なライフスタイルを考える必要はないでしょうか?

 

生活環境など住まいのエリアを再検討したり、

現在では、レンタカーやカーシェアリングといって

必要な時に必要な分だけ自動車を借りることができる

新しいサービスもあります。

 

また、やっぱり”車は必要”ということであれば、

新車にこだわらず、新古車や中古車を賢く探すことも

自動車コスト削減につながります。

 

マイホーム購入をきっかけに”車があって当たり前の生活”ではなく、

新しい住まいと自動車について考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

catch-imageのコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

→続きを読む
キャプチャ

住宅ローン診断サービス

そういえば、住宅ローンが気になっている・・・

 

そんなあなたにおすすめのサービスをご提供しております!

 

キャプチャ1

キャプチャ2

 

昨今の史上最低水準の超低金利で

「住宅ローンを見直したほうがいいのかな」と感じていませんか?

 

でも

「何から始めたら良いのか分からない」

「金利や計算は苦手」

「毎日忙しくて手をつけられない」

など不安や疑問があるのは、当たり前です。

 

 

少しの金利差でも大きな差額が生まれます

 

 

住宅ローンは期間が長いので、上の図のように家計への負担が大きく

変わってきます。見直すことで生まれた差額を将来のための貯蓄や

運用に、または家族のレジャー費用にと、ライフスタイルを変える

ことなく、ゆとり資金を作ることができます。

 

そして、誰に相談したら良いのかと迷っていることもあるでしょう。

 

 

ズバリ、第三者の立場のプロに相談するべきです

 

 

特定の金融機関に属していませんので、偏った情報提供や

売り込みもありませんので安心です。

また、実際の借換えには「諸費用」がかかりますので、

借換えしない方が良い場合もあります。

 

どこの金融機関(銀行等)がいいのか、どの住宅ローンがお得なのか

選ぶ前に住宅ローンの重要なポイントをお伝えいたします。

 

 

住宅ローン診断サービスにかかる時間は、わずか20分

 

 

見直しに関わらず、ローンやお金のお悩みなどあれば

聞かせて頂きますのでお気軽にどうぞ。

 

これまで、当住宅ローン診断サービスを行い、全体の約70%の方に

「借り換えた方がメリットがある」と診断いたしました。

しかし、現状の借入条件やご収入などの状況により、

メリットがあるかどうかは診断してみないと正確なことはわかりません。

まずは、お試しください。

 

キャプチャ

 

 

また当サービスについて、

奈良・大阪では、まだまだ認知度が低いと思われます。

 

新しいサービスへのみなさまの不安や抵抗感を軽減し、

気軽に利用いただくために無料で行っております。

 

 

今だけ無料でご提供します

 

 

しかし今後は、サービスの質の低下を防ぐため、

無料でのご提供は予告なく締め切らせて頂きます。ご了承ください。

 

 

住宅ローン診断サービスを利用された方の声

 

Q1.私に相談する前はどんな事をどんな事で悩んでましたか?(無料ローン診断の申し込みのきっかけ等)

 

A.固定金利でローンを組んでいました。契約内容が10年目以降に金利が上がることになっており、今年がその10年目でした。金利が上がることに悩んでいました。

 

Q2. 銀行以外にローンのことを相談するということは、一般的ではないと思いますが、不安はありませんでしたか?また不安とは、どのようなことですか?

 

A.ローンのことや金利のことなど全く知らない素人だったので、相談内容も理解できていませんでした。第三者の意見は貴重だと思いましたので、不安はなかったです。

 

Q3.当サービスを知って、すぐにお申込みくださいましたか?しなかったとしたらどうしてでしょうか?(躊躇されたのであれば、その理由をお聞かせください)

 

A.サービス内容やローン査定をして頂き、即決で申込みました。

 

Q4.何が決め手となってお申込みくださいましたか?

 

A.今までの契約内容を見直して頂いた内容では、ローンの返済額が全く違うことを知り、申込みをしました。

 

Q5.実際に当サービスをご利用されていかがでしたか?また、当サービスを利用しなかったとしたら…どのようなことが考えられますか?

 

A.ローン以外のことにも相談に乗っていただき、このサービスを利用して本当に良かったです。月々の返済額も大幅に下がり、助かっています。

 

Q6.これからマイホームを購入される方にメッセージをお願いします。

 

A.ローンの条件が銀行ごとに異なることや、それぞれの特典があるなど、私たちには知らない情報をたくさん知っていてアドバイスを頂けます。購入する前にプロのアドバイスは必ず役立つと思います。

 

佐藤 賢一 様 (奈良県生駒市)

 

 

 

ご希望の方には、借換えの実行サポート(有料)を行っております。

詳しくは、面談の際にお尋ねください。

 

当サービスをご利用されることで、家計が少しでも改善され、

あなたやあなたの家族の生活がゆたかになることを願っております。

 

 

私がご担当いたします

キャプチャ

FPオフィス家計のいろは 代表 小倉英雄(こくらひでお)

奈良生まれ、奈良育ち、現在マイホームを奈良市で購入し、小・中学生の子ども2人と妻の4人暮らし。

住宅専門の独立系ファイナンシャルプランナーとして活動。

保有資格は、ファイナンシャルプランナー/住宅ローンアドバイザー/証券外務員/相続診断士/トータル・ライフ・コンサルタントほか

 

 

この機会に住宅ローン診断をお任せください!

 

 

ご不明な点や面談場所など、ご質問も受け賜りますので

お気軽にお問合せください。

 

お申し込み方法は、

下の番号にお電話いただくか、

クリックしてお問い合わせフォームよりお申込みください。

弊社より、面談日時、場所等を案内いたします。

 

※現在、当サービスのご利用者が多数いらっしゃるため、

ご希望に添えない場合がございます。ご了承ください。

 

 

 

キャプチャ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→続きを読む